厳選素材
日本海の味覚の王様
津居山がに

古い歴史を持つブランド「津居山がに」

11月に解禁となる山陰の松葉かに。
そのなかでも城崎の津居山漁港で水揚げされた地がにを、「津居山かに(ついやまがに)」
と呼び『青いタグ』がつけられます。
「タグ」は従来、どの漁港で水揚げされたか区別するためにつけられるようになりました。
この近辺では「津居山かに」=『青色』 、「間人かに」=『緑色』、「柴山かに」=『ピンク色』といった感じです。
そのタグ付けがいつの日かその漁港独自ブランドという扱いになりました。
中でも「津居山がに」は古い歴史を持つ有名なブランドの一つです。

「津居山がに」のおいしさの秘密

通もうならす「津居山がに」。
そのおいしさの秘密の一つに“漁場”があります。津居山港の漁場は兵庫県から京都府の沖(丹後半島沖)、水深約300mの地点。
そこは、潮の流れや気温などから、隠岐や北海のかにとは一味違い、豊かな甘味と身の締りなどからずわいがにのなかでも一級品とされています。

「津居山漁港」せりの秘密

各漁港では、競りが始まり仲買人が競り落としても買い付けた海産物をすぐに持ち帰ることはできず、しばらくそのままの状態になります。
他の漁港では、ここで一番大事な鮮度が失われることが多々あります。
ところが、津居山港では、競り落とした海産物は、すぐに持ち帰ってもいいとされているため、仲買人が競り落とすとすぐに運び出します。
だから最高の鮮度が保てます。

厳選素材を見る

  • 津居山がに
  • コウノトリ育むお米
  • 但馬牛

お電話でのご予約

  • ※お電話での受付は午前8時∼午後8時までとさせて頂きます。
  • ※夕食は午後6時からのスタートとなります。
  • ※チェックインは午後3時~午後5時までにお願い致します。
    チェックインが午後5時を過ぎる場合はご連絡ください。
  • ※当館はお子様(乳幼児含む)のご利用・ご同伴をお断り致しております。
    お子様連れでのご利用をご検討頂いておりますお客様は、悪しからずご了承下さい。
〒669-6101
兵庫県城崎温泉湯島503-6
TEL : 0796-32-3120
FAX : 0796-32-3460

このページのトップへ